逆さぶら下がり健康器は「Teeter Hangups(ティーター・ハングアップ)EP-550」背中・腰に優しいストレッチであなたの毎日の健康をサポートします。

2016年2月1日

Teeter Hangupsウェブサイトオープン

TeeterHangupsウェブサイトにご訪問いただきありがとうございます。
私ども株式会社タステックは1995年よりTeeterHangupの日本代理店として逆さぶら下がり健康器をみなさまにお届けして参りました。
日本でのユーザー数も今では6000人を超え、たくさんの方々にご愛用頂いております。

TeeterHangUpsは1981年の創立以来、厳しい安全基準を満たした「誰でも簡単に、しかも安全に」逆さぶら下がりが楽しめる逆さぶら下がり健康器を作り続けています。
この度TeeterHangUpsも35周年を迎え、それを機にもっともっとたくさんの人々の健康で活動的な生活をサポートする為に逆さぶら下がり健康法のポイントやTeeterブランドの優れたぶら下がり健康器をご紹介させていただく為、本サイトを立ち上げました。

安心・安全・高品質な逆さぶら下がりで皆様の生活が少しでも豊かなるよう全力で努めてまいります。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

株式会社タステック 代表取締役 田邊義孝

注意事項

逆ぶら下がり状態で行う運動はなめらかな動きのものに限って下さい。 体全身を使うような激しい運動は器具の転倒の危険性があり重大なけがや死亡事故につながる恐れがあります。 エクササイズ中は両肘がAフレームにぶつかったり挟まれたりしないよう、体に近づけて行ってください。重りや伸縮性のあるベルト、その他の運動器具や器具用品を逆さぶら下がり中に使用しないで下さい。 使用の手引きその他書類をよく読み、付属のDVD付を視聴し、器具に異常が無いか点検した上でご使用下さい。 正しい使い方と逆さぶら下がりに内在する危険性(頭、首からの落下、挟み込み、誤使用による事故)等をご理解の上、本器具を使用して下さい。 警告表示や注意書きには必ず従ってください。これを怠ると重大な事故につながる事もあり大変危険です。

禁止事項

下記の症状がある方は逆さぶら下がりを行わないでください。 (下記リストは禁忌症を網羅したものではありません。不明な点はかかりつけの医師に御相談ください) 裂孔ヘルニア/腹壁ヘルニア/脊髄損傷/脳梗塞/急性関節炎/緑内障/網膜剥離/結膜炎/骨粗鬆症/未治癒の骨折/脊柱固定手術後/高血圧/脳卒中・狭心症発作経験者/多量のアスピリン服用者/抗凝固薬服用者/心臓・血管障害の治療中/中耳炎/極端な肥満 その他、身体に何らかの問題がある方は必ず医師の許可を得てから使用してください。

お子様は使用しないでください。

Teeter Hangups正規日本代理店
株式会社タステック

〒802-0031
福岡県北九州市小倉北区赤坂海岸9-11 TEL(093)541-6885 FAX(093)541-6939